頭痛ーるがすごい便利、気象や気圧の変化に敏感な人は知っといて損なし

天気が悪くなると頭痛が起きたり、体調が悪くなったりするあれ。気象病

気圧の急激な変化が体調の変化を起こしているんです。そんな見えない力に対抗する画期的なツールがあるので紹介します。

その名も頭痛ーる。

頭痛ーる:気圧予報で体調管理 全国700万人の気象病対策アプリ
月間35万人以上が利用する頭痛対策・体調管理アプリ。頭痛や気象病をグラフであらかじめ予想できる。かんたんに原因を把握、薬を飲んだメモや体調を日記としてかんたんに記録。危険お知らせプッシュ機能付き。喘息など気圧変化で体調を崩しがちな方にも。

アプリもあるんですが、おすすめの使い方はツイッターの公式アカウントてるねこちゃんをフォローすることです。

このてるねこちゃんがその日の全国の気圧の変化を毎日ツイートしてくれています。

なのでちらっとそれを目にしておけば、その日の体調の変化も予知できるわけ。

スポンサーリンク

気象病の原因は敏感耳

気象病は耳の内耳が敏感な人に起きやすいげんしょうだそうです。

耳が敏感ってメリットありそうだけど、気圧には弱いみたいですね。

低気圧による頭痛には、抗ヒスタミンの酔い止め薬

酔い止めが耳の器官に作用して気圧の変化に対する過敏な反応を抑えてくれます。

頭痛には、痛み止めなどの頭痛薬を飲んでしまいそうですが、気圧によるものは酔い止めがいいそうです。

くるくるマッサージ

テレビでも紹介されていた耳をマッサージする方法。聞くことによれば、気圧の変化の激しい飛行機に乗っているCAさんが実践しているマッサージらしいです。

これをやるだけで気象病が抑えられるとのこと。興味のあるひとは、くるくるマッサージでぐぐって

スポンサーリンク