平日夜にできることはあなたの思ってる以上に少ない

この記事は約3分で読めます。

気づいたことがあります。平日の夜にできることは、自分の思っている数倍少ない。できることは小さい。

というか、自分は平日の夜、自由な時間は1時間しかないのに、やったら2時間3時間かかるようなことをやろうとする。
だから、何をやっていいか迷い、何からはじめていいかわからず、何も成果を残せず時間がすぎる。

残業、子育て、長距離通勤などなど、夜のフリータイムがある人は少ない。

1時間の間にできることは少ない。

人間の集中力なんて1時間もないし、疲れたよるなんてなおさら。

まとまった時間を取ろうとすること自体間違いなのかもしれない。

1時間のうちにできることが少ないってことと
1時間で生み出せる生産能力が自分は低いということ

 
 

プライドなのか、完璧主義なのか、Over thinkingだろう
脳内のグチャグチャにもつれた毛糸玉もずっとほぐしている。
脳内に猫がいっつも駆けずり回ってる。

 
 
無駄に過ごしては、寝る時間が遅くなり
次の日のパフォーマンスが悪くなり
もれなくサラ金の利息のようにきっかり、気づかないうちに睡眠負債は増えていく。
 
能力も低くなっていくことにも気づかずに
ばかになっていく’

白いブリーフにいろんな色のシミをつけて
フケを肩から背中の下のほうまで
よだれ、鼻水、歯も磨かず、口臭
白目がち、つねに片手は股間に
超加工食品しか食べておらず、腸内環境も最悪
Twitterでは、妬み嫉み、人の不幸を笑い
ポルノを貪るためだけにネットを駆け巡る

 
以上は、架空の生き物ですが、
イメージではこんな生き物になっているのかもしれない
見た目では分からずとも

自分の人生でできることだって地球規模で見たら小さいことだ
1時間でできることなんて小さい小さいこと。

自分は何を考えているんだろう。難しく考えすぎている
何かデカイことを毎日成し遂げようとしてる
中二病?
自分はもっとできるすごい人間なんだと考えているだけで、テレビやネットで時間を潰しているだけ
そして後悔を繰り返す。

毎日「やらねば!やらねば!」と気張りすぎて
睡眠時間を削りすぎて悪循環なのかもしれない。
そうだ私は、ロングスリーパーだった!
まずは睡眠時間を確保だ!

おや、何この既視感デジャヴ。
気づかないうちに、ロングスリーパーだということも忘れる。
オナニーをやめられないのと同じように睡眠時間を削ろうとする。

 
でもさ、人生の今の時期は、睡眠時間削ってでも頑張るべきなんじゃ?
若いうちは社会貢献なんてできやしないんだから自分の稼ぎやスキルを磨くべき
年取ってから、リタイアとか社会貢献とか考えればいんじゃないの?

こんな生き方迷走してたらすぐジジイじゃね?
何もできない取り柄のないジジイか。笑えない

カート・コバーンと同じ道に行けばよかったかな
gleeのコリーが死んだのは彼が31歳のときだった。早いな
もう6年も経つのか
コリーがいなくなってからのシーズンはつまらなかったな
gleeにハマってたときは終わりが来るなんて想像もしなかったけどな

人生短いんだから一日を大事にしなきゃと思っても上手くいかないし
一日でできることなんてちっぽけなんだから諦めろってのも安易
毎日コツコツやれよってのが難しい
 
コツコツってどんなものでどんな程度でどんななんだよ

これって「勉強しとけばよかった」ってやつなのか?
30近くになって、本当に能力落ちたなって気がする

コツコツ毎日勉強してた時期のこととか思い出せないからね。
でも過去は切り離して、今から変わるしかないんだよ

人間て遺伝子だって変えられるんだから、変われる!!!!以上

Blog
シェアする
wataをフォローする
TARRLOG