Webカメラやスマホのインカメラにテープを貼っておくべきなのか。セキュリティについて

フェイスブックのザッカーバーグCEOは、なぜMacBookのカメラにテープを貼っていたのか
「Webカメラのセキュリティ」を甘く考えると、どんなリスクがあるか。セキュリティ企業のESETが自社のブログで注意を呼び掛けた。

マーク・ザッカーバーグCEOが投稿した写真が話題になり、内蔵Webカメラへのセキュリティや関連する脆弱性などに認知度が高まったとのこと。これをセキュリティ会社が取り上げ、注意を呼びかけた。

その写真に映るMacbookのカメラ部分にテープが貼られていた。

これを読んで思い出した。あるドラマで家のPCの内蔵カメラの横のランプが赤く点灯していることに気づき「おやっ」となるシーンがあった。

こうやって気づいたときどう対処するかが大切。パスワードを変更する、ウイルスチェックをする、テープで隠すなど。

Web犯罪は予防はできても発生は予期できないので、ザッカーバーグのように前もってテープで貼っておくのは良い手段といえる。Webカメラが乗っ取られると盗撮だけでなく、盗聴の危険もある。今までカメラの設定をしたことがないという人は一度パスワード等を設定変更したほうがよいだろう。

カメラはスマホにも

スマホのカメラにも注意したほうが良さそうだということです。ゲスのLINE流出の話題でもあったように近親者や内部の人に、操作や悪質なアプリを仕込まれる危険性もあります。

スマホのカメラにまでテープを貼るというのは、大げさかもしれませんが、流出すると多大な損害を受けるような影響力の強い人は用心しておいたようが良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク