糖質制限で自分の体をコントロールする感覚を覚える

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

糖質制限、ケトジェニックをやってみて振り返ってみて発見があったのでシェアしたいと思います。

 
それは、体の反応を認識すること、そしてそれをコントロールする感覚に気づけるようになることです。
 
糖質制限は、エネルギーを糖中心から脂質へと変化させるので最初は大きな負担でドラスティックな変化なので
調子が悪くなったり、体の変化が大きく現れて、自分の体と向き合うことが増えます。

「あ、糖分切れてきてイライラしてるな」とか
「水分足りてないな」
「今日は体が軽いな」
「今日は頭がすっきりクリアになってる」などなど
 

その過程でコントロールする力が備わってきます。
変化を対処しようとすることで糖質制限に体が対応していくんです。

この感覚ってボディメイクする上で重要だと思うんですよ。
脂肪を落とした場合も筋肉をつけたいときも

 
糖質制限って長期的にはリスクが増えるとか寿命が縮むとか
ネガティブな情報も多いし、食費もかかるのですっぱり糖質オフにシフトすることはたいへんですが、

上に上げたようなコントロールする力を知ることができるので
3ヶ月程度の短期間ならやってみる価値はあると思います!!