The Sheik Of Araby(アラビアの酋長)フランス語バージョンAvalon Jazz Band

Youtube
この記事は約3分で読めます。

1920年代にニューオリンズではやった曲なんだそうです。George Calaというトランペッターが得意にしていた”Kid Sheik”と呼ばれていました。
この前もAvalon Jazz Bandを紹介しましたが、以来ハマってます。

Si tu vois ma mère (Sidney Bechet) - Avalon Jazz Band【フランス語って響きがいいな】
またまたいい曲をユーチューブで見つけました。Thx アルゴ!! Sidney Bechetシドニー・ベシェ、ニューオリンズのジャズミュージシャンの曲。彼は、クラリネット奏者とし...

その「The Sheik Of Araby」のフランス語バージョンをAvalon Jazz Bandのアレンジしたものを紹介します。

Avalon Jazz Bandは2012年にニューヨークで結成されました。
Postmodern JukeboxもJazzカバーをyoutubeで発表してるバンドなんだけど、こちらは2010年にニューヨークのbasementで録音したものからはじめた歴史をもつバンド。だから、Avalonのほうも似たようなことを真似て始めた感じなのかなーって。

The History of Postmodern Jukebox – Postmodern JukeboxPostmodern Jukebox

PostmodernJukeboxも名曲ばかりなのでチェックしてみて↓

スポンサーリンク

The Sheik Of Araby(アラビアの酋長) – 曲と歌詞

途中の掛け声は、”Without no pants on”と言ってるらしい。

Sheik of Araby (French Version) – Avalon Jazz Band

歌詞

すいません、歌詞は英語のものです。

I’m the sheik of Araby
All your love belongs to me
At night when you are asleep
Into your tent I’ll creep
The stars that shine up high
Will light our way to love
You rule this world with me
I’m the sheik or Araby

スポンサーリンク

The Beatlesの『The Sheik Of Araby』

The Beatlesの「The Sheik Of Araby」は、デビュー前のThe Beatlesが
デッカ・レコード(Decca Records)のオーディションで演奏した曲としても有名です。

Avalon Jazz Bandのカバーの元ネタもこれかもしれませんね。

The Sheik Of Araby (Anthology 1 Version)

George ”Kid Sheik” Cala の トランペットでの『The Sheik Of Araby』

Sheik of Araby
タイトルとURLをコピーしました