慢性的なストレスによりコルチゾールが増加し記憶力や思考力を低下させてしまう

慢性的なストレスによりコルチゾールが増加し記憶力や思考力を低下させてしまう

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク
by Kevin Grieveストレスが人体に与える影響はさまざまですが、ストレスを受けることでホルモンの一種であるコルチゾールが増加し、これにより記憶力や思考力が低下し、さらに脳の容積までも収縮してしまうことが明らかになっています。

ストレスが人体に与える影響はさまざまですが、ストレスを受けることでホルモンの一種であるコルチゾールが増加し、これにより記憶力や思考力が低下し、さらに脳の容積までも収縮してしまうことが明らかになっています。
 
 

ストレスホルモンのコルチゾールが脳に大きなダメージを与えてしまう.
 
これがずっと続くと認知症を引き起こす可能性もあります.
 
睡眠,運動,瞑想,リラクゼーションで積極的にストレスを解消していきましょう.
 

それでもEchouffo-Tcheugui博士は睡眠や運動、リラクゼーションなどによりストレスを軽減すること、あるいは血中のコルチゾール濃度を低下させる薬物を摂取することには利点があると述べ、「ストレスを軽減させることに悪い点は一つもありません」と語っています。

スポンサーリンク



気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!