シェルドンの癖 “The 3 Knocks”

シェルドンの癖 “The 3 Knocks”

シェア&購読 よろしくお願いします

スポンサーリンク

Amazon Prime 抜けちゃったのでドラマや映画をぜんぜん見てないんです。正月休み、ドラマや映画を見まくっている人も多いでしょうね。

 

残念ながら、ビッグバンセオリーはどこまで配信されてるのかも知りません。まだまだ大人気の世界一愛されているドラマだそうですよ。シェルドン役のジム・パーソンズは世界で最も稼いでいる俳優になってます。

シェルドンの変わった行動、”3回のノック”

シェルドンはIQ187の天才で2つの博士号を持っているが、人の感情を読み取ることが苦手。子供みたいな行動も多い。アスペルガーではないかと言われるが、制作側も言っている通りそうではない。まあアスペルガーがどういうものかをよく知っている人から見ても分かると思う。

 

でもその変わり者な性格のシェルドンがなぜこんなにもアメリカで愛されているのか分からない。確かにシェルドンは見ていて面白い。セリフや行動も変わっているが、それをおかしく見せてくれる。人気の理由はそれだけではない気がする。世間にGeek やNerdが受けいれはじめているんじゃないかな。もしくはそういう人たちが増えてるとか。アメリカ人といえば、社交的で外向型の人間がほとんどというイメージだったけど、内向的な人間も増えたということではないだろうけど、認知されはじめたというところか。

 

他にもシェルドンの変わった癖

シェルドンの奇行?はこの”3 Knock”他にも

  • Sheldon’s spot
  • トイレスケジュール
  • laundry day
  • 夕食のスケジュール

などなど、予め決められたスケジュールを毎日行うのが好きらしい。こだわりが強い性格。あと、フィジカルコンタクトを嫌ったり。

スポンサーリンク



シェア&購読 よろしくお願いします