災害で通信が絶たれても連絡が取れる通信手段、アマチュア無線

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

オーストラリアでは2019年9月頃から数カ月にわたって大規模な山火事が発生し、非常に深刻な被害が出ています。山火事によって通信インフラストラクチャーが壊滅し、外部との連絡が取りづらい状態になってしまった地域に対し、「アマチュア無線のスキルを持つ人々」が通信サポートを行って貢献していたことがわかりました。

記録的な山火事の裏でアマチュア無線家グループが活躍していたことが判明
オーストラリアでは2019年9月頃から数カ月にわたって大規模な山火事が発生し、非常に深刻な被害が出ています。山火事によって通信インフラストラクチャーが壊滅し、外部との連絡が取りづらい状態になってしまった地域に対し、「アマチュア無線のスキルを持つ人々」が通信サポートを行って貢献していたことがわかりました。

ゾンビが蔓延してアポカリプスが来ても離れてところの生き残った人類と通信をすることができますよ

免許なしでも使える無線やトランシーバーもありますが、無資格でもつかえて数十キロ以上となるとIP無線という携帯通信網を利用したものになります。これはパケットが発生しお金がかかります。まあ非常時だけの利用なら大丈夫かもだけど。

おすすめはやはりアマチュア無線の資格を取ることです。

ライフハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらwataを購読・フォローお願いします!Don't miss it !!
スポンサーリンク
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました