エントリー判断に最適,分かりやすい3つのプライスアクションパターン

為替

とても分かりやすいプライスアクションのパターンについてシェアしたいと思います.プライスアクションと言っても簡単なもので,ロウソク足のお決まりの型のようなものです.

スポンサーリンク

ピンバー(PinBar)

ピンバーとは,

  • ピンバーのヒゲの部分の長さは、少なくとも実体部分の値幅の3倍ぐらいある
  • ヒゲの部分が周りのローソク足のから突き出している

足の長い実体が小さいロウソクのことです.

レジスタンス・サポート付近でのピンバー

ラインをタッチするか,足だけラインを超えるようなピンバー

よく見かけるパターンだと思います.トレンド転換のシグナルです.

トレンドでの押し目,戻り

これも(トレンド)ラインをタッチか過ぎるようなピンバーだと狙い目.

ボラティリティが高いと戻りも不安定かつ大きく振れる可能性も大きいので注意.

騙し,ストップ狩りのピンバー

中でも一番有効なのが,これだと思います.高値安値をブレイクした後に出現するピンバーであったり,半値戻しかと思ったら,もっと大きくスパイクのようにもどってピンバーができたりといったパターン.

騙しパターン

右のような一度下がってストップ狩っていって急上昇する痛いパターン.

気をつけなければいけないパターンです.含み線の後に出現することが多いです.エントリする前に狩られてしまうパターンではないか気をつけましょう.

しかし気づくことができればもう勝ちパターンです.

インサイドバー(含み線)

トレンドの途中,中休みというか中腹で現れるパターン.含みになってくると,よく力をためているなんて言われます.

短い時間足だとトライアングルの三角保ち合いだったり,

発展して,フラッグだったりと変形の多いパターンでもあります.

要するに含み足,足が小さくなってくということです.

一番簡単なエントリでしょう.トレンド発生して含み線が並んできたらそのブレイクを狙うだけです.

まとめ

以上,ピンバー,騙し,含み線の3つを紹介しました.

この中のひとつだけでもマスターできれば勝率もぐんと上がると思います.

スポンサーリンク