チクセントミハイのフロー理論,仕事の取り組み方で人生を変えれるのか

チクセントミハイのフロー理論,仕事の取り組み方で人生を変えれるのか

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク

グーグルは、社員を「恍惚状態」にさせている

この記事を読んで,ゾーン・フロー状態と仕事と幸福度の関係が気になりました.

「バーニングマンに行ったことのないやつは、シリコンバレーの住人とは言えない」とイーロン・マスクが言い切るとおり、最近のシリコンバレーでは、「自分を超える体験をすること」が流行している。かつては、50年&

怖い。誰かが、優秀な人たちを壊れにくいロボットにしようとしている。

別にGoogleがこうやって社員を洗脳させようとしているってふうには,あまり考えづらくて

瞑想とかゾーンに入れると,仕事も捗るし,効率的だし,ハッピーになれるよ
ってことで推奨してるんだと思う.

本当のバーニングマンの価値

私が、バーニングマンでいちばん面白いと感じる点は、ポスト希少性社会の叩き台になっているところだ。ただ、膨大な費用と資源を必要とし、非常に過酷で不便な場所で行われる実験というのも皮肉な話だ。そこまで行かなければ、世界の金銭的または希少性の階級構造から抜け出すことはできないというわけだ。

またグーグルの20%タイムルールの基本コンセプトになり、Google Mapsなどのテストベッドにもなりました。フェイスブックのマークさんが信奉する知識経済の考え方にも大きな影響を与えています。仮想社会サービスのセカンドライフは、このバーニングマンを参考に誕生しました。

この記事がバーニングマンがなぜテック界隈に好かれるのかについて詳しく書かれてる.

フロー状態とは

「フロー理論」を提唱したミハイ・チクセントミハイ博士のTEDのプレゼン、Flow, the secret to happiness(フロー、幸せの秘訣)を紹介。フローとは我を忘れて何かに集中している状態です。フローに入れば人は幸せを感じます。

ゾーンに入れたら仕事は楽しい?

「ゾーン」あるいは「フロー状態」と呼ばれる精神状態があります。スポーツや楽器の演奏、ゲームのプレイ中、そしてプログラミングなどにおいて、高い生産性や成果をもたらすことがよく知られています。プログラマー...
スポンサーリンク



気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!