YouTuberの苦悩

YouTuberの苦悩

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク
by Gianandrea VillaYouTube上でさまざまなオリジナルのコンテンツを作成して視聴者を楽しませる「YouTuber(ユーチューバー)」は、子どもの3人に1人が憧れる職業と、世

子供の3人に1人が憧れる”職業”なんだそう.

ストリーミング配信を仕事とする苦労を知りたい?僕が48時間に満たない時間ストリーミング配信を行わなかったところ、スポンサーを4万人も失ったよ。だから今日にもあの過酷な仕事に戻るつもりだよ

YouTuberなどの配信者にとっての精神的健康面に影響を及ぼす要素として、「視聴者とのコミュニケーション」、「寄せられたコメントを読むことによるストレス」、「スポンサーやチャンネル登録者数などからくる財政的不安」、「コミュニティ上での評判やYouTuber同士のつながりからくるプレッシャー」などを挙げています。

毎日投稿しないといけないっていうプレッシャーもきつそう.
いろんなストレスもあるんですね.

Mortonさん自身も「YouTubeにムービーを投稿しなければ」というプレッシャーを感じながら活動を続けていることを明かしており、「YouTubeの収入はいつでも変わる可能性があります。あなたのムービーを見てくれるユーザーはいろいろな理由で急に減少する可能性があり、そうなると必然的に収入は少なくなります」とコメントしています。こういった理由から、Mortonさんはムービー製作のために人を雇うことができない、と話しています。

スポンサーリンク



気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!