親のことを他人のように感じはじめたアラサー男

親のことを他人のように感じはじめたアラサー男

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク

「親も結局,ただの他人なのかもしれない.」

 
 
最近そんなふうに思うようになりました.
 
正直親のことをお荷物,鬱陶しい,邪魔くさいと少なからず感じている.
 
でも感謝はしている.その気持ちは変わっていない.女手一つで育ててくれた.誰にでも真似できるようなことではない.
 

 
 
自分の心がやっと独立し始めたというか,自立してきたのかもしれない.
また,親も老いてくるうちに”老害”とまでは言わないが,人が変わってきたこともありえる.
 
 
「母親の葬式のとき泣けるだろうか」

と,疑問に感じるにまで,母親に対しての感情が変わった.この変化には驚いた.
まだ小さかった頃は,親が先に死んでしまうのかと思うと心底悲しくなり
自分が死ぬことより悲しんだくらいだった.

 
それとも
 
親を大事に思えない自分はまだまだ未熟なのか.

義理だろうがなんだろうが義務としてでも親孝行はしないといけないと思ってる.

スポンサーリンク



気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!