貧困で奨学金と毎日バイトをしないと大学にいけない?そこまでして行く大学の価値についてよく考えてみて

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

貧困で奨学金と毎日バイトをしないと大学にいけない?そこまでして行く大学の価値についてよく考えてみて

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク

大学進学で金銭的,経済的に行こうかどうか迷ってるひとに読んでもらいたい. 
 

今国会において、「生活保護家庭の子どもの大学進学」に関しての議論がおこなわれている。現状、「生活保護世帯の子どもの大学進学は制度的に認められていない」などいくつかの問題がある。解説しよう。

・実際に子どもが大学進学をすると子ども分の支給額が減額され(世帯によっては6万円以上減額されることも)、子どもは学費を奨学金で全額まかない、自分の生活費をアルバイトで稼ぐ生活を強いられる

この記事を読んで思ったことがいくつかありました.

難関大学に行ける学力があるなら行く価値は大いにあると思う
 
その他のFラン大学等に行くなら,本当にその高い学費を払って
4年かそれ以上かけていく価値があるのかどうか
 
人生100年と言われる今,高校卒業して次の年に必ず行かなければならない理由はない.

友達や同級生は進学,就職してるのに自分はプー太郎・浪人だ,宙ぶらりんだと落ち目に感じる必要は全くない
あなたの人生なのだから,他人にどうこう言われても気にする必要はない.

たとえ担任の先生であっても,それが必ずしも絶対正しいってことはない
 
社会人になってから大学に行くケースが少ないのは日本だけ
 
3,4年バイトや正社員になってお金を貯めながら,大学に行く理由,価値をよく考えてみてみるっていうのもあり

奨学金を借りてバイトしながら大学に入ると,「借金をした」というプレッシャーが少なからずある.

なので,できれば貯金をしてから学費や生活費の準備をして,学業その他に専念したほうが絶対いい

スポンサーリンク



気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!