目に見えない疲労を測る4つのバロメータ.疲労の予防と回復でパフォーマンス維持しよう

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

目に見えない疲労を測る4つのバロメータ.疲労の予防と回復でパフォーマンス維持しよう

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク

疲れがたまってくると,自分が疲れていることを認識するが遅れたり忘れることがあります.そうなると低パフォーマンスのまま働くことになり,効率が非常に悪くなります.

睡眠不足が体のパフォーマンスに悪影響と同じように疲労にも気を配ると

ストレスなく快適に過ごすことができそうです.

スタンフォードは学問ばかりでなく、スポーツでも「世界最強」といわれています。たとえば、先のリオ五輪ではスタンフォードの学生らが27個のメダルを獲得し(米国のメダルの約22%)、全米大学スポーツランキング&

一般の人の安静時の脈拍は70〜80程度

動いた後しばらくしても脈が落ち着かなかったり,安静時でも脈が早かった場合には,疲労がたまっていると判断します.

目に見えない疲労を客観的につかむため、スポーツ医局では「疲れている条件」として、先の脈拍を含めて次の4つを挙げています。

① 「脈拍」がいつもと違う
② 「就寝時間」「起床時間」が定まっていない
③ 体の要「腰」が痛い
④ 胸で浅い呼吸をしている
スポーツ医局ではこれらの4つの状態が選手に見られたとき、「疲労がたまっている」と判断して練習量を落とすなどの対策を徹底して取るようにしているそうです.
スポンサーリンク



気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!