気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

15年前(2002年),バチバチタイピングできたあの子は今何をしているのだろう

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

中学1年の「技術」の授業でパソコンを使って,自分のページを作った.

ホームページと言ってももっと簡単なものだったと記憶してる.ただ色つけたり,文字を修飾したり,ページ同士をリンクとばしたりする程度だった.

12歳でタイピングの達人

それは,衝撃だった.教室からバチバチバチと音がした.最初何の音だか分からなかった.

ふざけた生徒がキーボードを叩いてるのか,それにしても早い打鍵だった.ある生徒のタイピングの音だった.文字をバッチバチ打っていた.

この子にこんな特技があったのかという驚きとパソコンを持っている家庭もまだ少ない時代にこんなにもキーボードが打てることに衝撃を受けた.私の記憶違いだろうか,その子もふざけてキーボードを打っていただけだろうか.その子のページの仕上がりも早かったし,タイピングがうまかったのは間違いないと思う.

しかしwindows98もxpも出ている年代だし,クラスに1割くらいは家に共用のパソコンを持っている人もいるかもしれない.その子のご両親もこれからはPCが必要な時代だからと先見を持っていてやるようにすすめたのだろうか.

私が今もこの世界に興味があるのは,その子の影響があったことは間違いない.

その子は今何もしているんだろうか.ライターでもやってるんだろうか.それともプログラマにでもなっているのか.

日本の中学生のPC保有率が世界で図抜けて低いことはどういう結果になるか | More Access! More Fun!
昨日、別なことを書こうとして内閣府の調査データを見ていたら、本題に触れる前にお腹いっぱいになり、感想を書いたのがバズってしまったのであるが、本題はここではなかった。 実はそもそもこの内閣府の調査データを見たのは、こちらのブログを拝見したからです。教育学の専門家である舞田敏彦氏が書かれています。 パソコンを持たない若者

こんなことをこの記事を読んで思い出した.PC保有率が低いそうだ.

スポンサーリンク

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

バンバンフォローしちゃってください

スポンサーリンク