今週の欧州為替相場ードイツ政局期待と米年末商戦

Blog

きょう月曜は,イベント少なめ.

 

ドイツ政局と米年末商戦

今週の注目は,ドイツの政局への期待と米年末商戦.

先週末の経済統計の強さで大きく買われ,今週もそれが続くもよう.

メルケル首相とSPD党首との会談は30日に予定されている。

 

同じく30日には,ウィーンでOPEC総会が開かれます.

 また、原油高の動きが継続すると、その他商品の国債価格にも好影響となり、資源国通貨全般の買いを支える可能性があります。

 

米上院の税制改革案をめぐる動向

米上院共和党指導部は早ければ30日にも税制改革案を採決にかけるとみられている.

米上院の税制改革法案の先行き不透明感からドルが売られる可能性がある。

 

月曜現在のユーロドルチャートと保有ポジション

週足チャート

高値に届きそうな勢いです.

 

ただ、ユーロドルは1.20の節目に接近してきていることもあって、利益確定売りやオプション期限設定などで上値には売りもありそうだ。

 

 

利益確定売りの流れが起こるまで,

買いポジションは持っていてよさそうです.

 

ユーロドル週足

 

ユーロドル日足

Blog
シェアする
wataをフォローする
TARRLOG