気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

LORE ロア~奇妙な伝説~ 第1話―よみがえる死体 ネタバレ&レビュー

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

アーロン・マーンケの大人気実話ポッドキャストを元に実写化がAmazonプライムで配信されます.

「ウォーキング・デッド」、「X-ファイル」の製作総指揮者らがアーロン・マーンケの語る「伝承」をもとに、実際に起こった恐怖の出来事を実写化したシリーズ。 吸血鬼や狼人間、人さらいなどのホラー伝説の裏に隠された真実が、衝撃的なシーンやアニメーション、記録とナレーションによって明らかにされる。

スポンサーリンク

第一話の感想

ポッドキャストと同じようにナレーションによって史実が語られてドキュメンタリーのようなつくり,歴史や教養番組を見ているよう.でも全く退屈にならない.

歴史に基づく実際にあった真実なんだろうけど,エンターテイメント向けに脚色されたりデザインされたりパッチワークみたいに組み合わされてるんじゃないかと疑問に感じる.

まああくまで”LORE(伝承)”だから,「信じるか信じないかはあなた次第です」的な感じはする.

あらすじ&ネタバレ

実在の人物および事実に基づいている

この世で最もつよい絆は家族間の愛情である

サラハート
12歳の姪メアリー
互いに慰め合い,絆を固くしていった
一心同体

死んだが,棺の中で生き返った

mary hart 1872年10月16日 実際に起こった話

ここから本題

ジョージ・ブラウンはエクスターという地方の田舎で農場を経営していた.
彼は家族がいて地域の人々と同じプロテスタントだった

1883年,ニューイングランド地方では,
4人に1人が結核で亡くなった.

彼の妻,メアリー・エリザベスもその犠牲者の一人だった
長女メアリー・オリーブもそれに続き

また9年後今度は息子のエドウィンも結核を患ってしまう

19世紀末死の宣告に科学的根拠はなかった

生き埋めを防ぐため,”死体待機所”が作られた.
確実に死んでいるか分からない死体を観察し,腐敗の始まりによって
死の確定させるためだ.

鐘に救われるの語源

死体の手足と頭にひもが取り付けられ,棺の中で生き返ると
地上のベルがなり掘り返される.

悪霊の魂は遺体の心臓に宿る.
墓を掘り返して,遺体が干からびていたら確実に死んでいる証拠
少しでも生気が残っていたら心臓を調べる
血液が流れていたらその遺体を焼き払う

妻,長女,次女の順に掘り起こされた.
最後に死んだマーシーの遺体の肌はまだ生きているかのよう

しかしそれは冬の間に埋葬されたからだと医師は言う
マーシーの心臓を切り開いて確かめると血液が残っていた.
それも当然冷凍保存の状態ならありえる話だ.

ロア

迷信を信じる人たちは,万全を期そうと心臓を焼き払おうと提案する
そして焼いた心臓の灰を息子に飲ませろとそれで助かるという
父親は息子にお酒に灰をとかし,飲ませることに
しかしその2ヶ月後息子は死んでしまった.

新聞はジョージ・ブラウンやこの地域の人々を
非文明時代の生き残りと批判した.
記事は墓から掘り出すことはモンスターが墓から這い上がるかのようにたとえ
嘲笑した.その見出しには「ヴァンパイア」

この話は世界中に衝撃を与え,ブラム・ストーカーという作家の題材となった.
マーシーの物語に着想を得た本の題名こそが「ドラキュラ」だ

そして今もなおドラマや映画となり語り継がれている.
マーシー・ブラウンはアメリカ初の吸血鬼として今も生き続けている

まとめ

結核がもとに起きた迷信が小説「ドラキュラ」の着想になったというものでした.

恐怖小説「ドラキュラ」を書いたブラム・ストーカーはアイルランドの作家で生涯アイルランドから出たことがないとwikiにありました.

おかしいなー,おかしいなー,おかしいなー(稲川淳二)

ヴァンパイア好きなら,ドラキュラはドラキュラ伯爵が由来だということは知ってますよね.

ドラキュラ伯爵

ドラキュラ伯爵は東欧ではありませんでしたか?イギリスの作家がアメリカの田舎の疫病から着想を得ると考えられますか?

私が最初に言った「信じるか信じないかはー」の意味分かりましたね?

無知なアメリカ人に向けて作った創作なんだなと一話目から感じてしました.

スポンサーリンク

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

バンバンフォローしちゃってください