気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

LORE ロア ~奇妙な伝説~ 第6話―封印された箱【呪いの人形】ネタバレ&レビュー

気に入ってもらえたらぜひShareお願いします!

スポンサーリンク

あらすじ&ネタバレ

人形島

メキシコシティの南にあるソチミルコの運河にある島
イスラ・デ・ラス・ムニェカス”人形の島”
1950年代にここへ移住したJ・サンタナという男に由来する


このソチミルコの島は、TBS深夜番組クレイジージャーニーに出演していた

佐藤健寿さんも写真を撮りに行っていたあの島です。このドラマを全部見ている方やオカルト好きの知的好奇心の高い方たちは、”クレイジージャーニー”知っている方多いんじゃないでしょうか。

 今、メキシコで一番不気味で気持ち悪い観光名所として知られているのが、この「The Island of the Dolls」と呼ばれる、メキシコシティーの南にあるソチミルコ島なんだそうだ。 その島は都市伝説と迷信で溢れており、島の木には古びた薄気味悪い人形がぶら下がっている

メインエピソード【呪いの人形ロバート】

不気味の谷という概念が存在する.
人間の姿に限りなく似た物に対し人は嫌悪感を抱くのだ
これは,人間の防御本能と言われる


この”不気味の谷”を超えたと言われるCG女子高生「Saya」は有名になりました。

ぱっと見、本当に生身の人間に見えますよね。

 昨年秋、一人の美少女「Saya」の画像がツイッターに投稿され、大きな反響を呼びました。実在の少女を写したような圧倒的にリアルな画像が、すべてコンピューターグラフィックス(CG)で描かれたものだったからです。あれから半年、Sayaの進化は止まっていません。街中での実用化に向けた研究も始まりました。

フロリダ州キーウェスト 1904年2月13日

オットー夫妻の息子ロバート・ユージーン・オットー・”ジーン”
ジーンはおとなしく風変わりな子供だった
夫のおばからドイツの人形をプレゼントされる

ひと目で気に入ったジーンは,自分と同じロバートという名前をつけた
ジーンはひとりでロバートと遊んでいるのに物音がする.
二階からガタガタ音がする.

「ジーン早く寝なさい」

しかし,ジーンは一階で寝ていた.
おもちゃを壊したことを父と母が叱る.

ロバートは,
「僕じゃない,ロバートがやったんだ」
と言う.

おばが家へ来て

「あの人形をバラバラにして捨てなさい」と

お母さんは

「息子が愛している物なのにそんなことはできない」
お父さん「それなら取り上げる」と言い

箱に人形のロバートを入れ蓋をして棺のように釘を打ち付けた.
これから不吉なことが起き始めたのだった・・・

ロバート・オットーの死後,新しい家主は屋根裏で
人形のロバートを見つけ,同じように彼に悩まされた

そこで家主はロバートをキーウェストのイーストマーテロ博物館に寄付した.
今も人々は巡礼のように博物館に訪れロバートの写真を取っていく

しかしロバート本人に許可を得てから写真を取らないと
呪われてしまうと言われているそう.

感想まとめ

True Bloodのパムじゃん!!

今回のGuest Starring 特別出演はあのパム!パムですよ。

ヴァンパイアドラマのTrue Bloodのヴァンパイアクイーン、クリスティン・バウアー・ヴァン・ストラセン

ワンス・アポン・ア・タイムのマレフィセントでもありました。

パムのときみたいな南部訛りのビッチって感じは一切なく、今回は上流階級の貴族のお嬢さんて感じで清楚で気品高いお母さんの役でした。本当に女優さんてすごい、クリスティンがすごい。発音もぜんぜん違うし。別人みたい。

ちなみにTrue Bloodのときのパム↓

ドラマ版LOREは、オカルト好きサブカル好きには嬉しい配役でしたね。ヴァンパイアとかウェアウルフとかx-ファイルってサブカルになるんでしょうか。まあオタクっぽいことは確かですね。

第4話のロバート・パトリック、第3話のブリジット・クエアリーを演じた女優さんは米ドラマのティーンウルフに出演していた女優だそうです。

またパムが見れるとは、嬉しかった

ポッドキャストのLOREはまだまだ続きがありますから、またamazonオリジナルでドラマ化されることを期待したいですね。

今回は,LORE伝承中の伝承,ペロー童話集・グリム童話にもある民承『赤ずきん』の話でした.知らなかったウンチクたっぷりで外国文化の勉強にもな
LORE~奇妙な伝説~ 第4話―死者の音 ネタバレ&レビューです.今回は,降霊術に関する回でした.オカルトの起源に迫るなんとも教養番
今回は,LOREの第3話ーさらわれる女たちをレビューしました.実際にあったアイルランドの妖精の伝承,男尊女卑の悲しい時代背景. ドキュ