【糖質制限中】お酒に弱くなる?危険なので飲酒は控えたほうがいい

ケトン体ダイエットをはじめて、甘い物も全くとれなしお酒でも飲むかなと糖質に気を使ってカロリーゼロのチューハイ(甘味料入り)と糖質ゼロの発泡酒を2本飲みました。

つまみも糖質を含むものはなく、すぐに酔いが回っているのがわかりました。しかし久しぶりのヨッパが気持よくすぐに寝てしまいました。でもすぐに気持ち悪くひどい吐き気で目が覚めて悪酔いでした。すぐコーヒー飲んだり水飲んだりとアルコールのなんとかしようともがきました。

こんなに弱かったわけではないので、いつもと違うと感じ気になったので調べてみました。

糖質制限を行うと体内の水分量が減って、アルコールの濃度が相対的に高くなる

糖質制限ダイエット中の注意点:水分摂取、アルコール、薬 | 健康情報ナビ│健康食品・サプリメントから学ぶ情報
糖質制限ダイエット中の注意点:水分摂取、アルコール、薬 - 健康情報ナビ

”グリコーゲン”は水と結合していて、それがなくなると一緒に水分もなくなるということです。体内の糖エネルギーがなくなると水分もなくなってしまいます。その理由からも糖質制限中は水分補給が欠かせないようです。

お酒を飲むなら一緒に水も飲んだほうがいいでしょう。

糖の生成に肝臓が働いており、アルコール代謝の能力が低い状態

糖質制限すると酒に弱くなる件について|低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告
糖質制限して酒に弱くなったというメールをいただきました。私自身は気づいてなかった...

アルコールという毒素の解毒も大事ですが、それより生命の維持にはエネルギー生成しなければいけません。なのでこっちが優先的に働きアルコール代謝が劣るようになります。

お酒を飲むなら代謝能力が落ちているということを考慮した上で飲み過ぎないことが重要です。

糖質フリーな蒸留酒がおすすめ

飲むならおすすめなのがウイスキーや焼酎、ラム、泡盛などの蒸留酒です。糖質が含まれないのでカロリーが低いです。個人的にはラムが一番です。

深い香りや甘みやコクのあるダークラム。大好きです。本当に少量を味わって飲むスタイルが合っているのではないでしょうか。もしストレートで飲むならチェイサーを必ず飲みましょう。

糖質制限中にどうしても飲みたいなら

糖質制限中にお酒が飲みたくなったら、糖質制限も一度ストップして

飲むときは一緒に糖質、甘いモノも一緒に食べると悪酔いしません。

糖質を摂ることによって肝臓の働きもよくなり、体の水分量も増えるのでアルコールを分解するのに適した環境になります。

しかし炭水化物、糖質の種類によって吸収のスピードも違うのでお酒のペース・量には十分注意して飲んで下さい

スポンサーリンク
スポンサーリンク