人工甘味料でもインスリンが分泌される。つまり脂肪になるよ

スポンサーリンク

カロリーゼロにだまされるな

「ゼロ」カロリーなのに太る?!日本で知られていない、まさかのカラクリ
カロリーゼロの飲食品には「たくさん食べても太らない」という安心感から食べ過ぎる以外に、含まれている人工甘味料が身体にさまざまに影響して、肥満につながる恐れがあります。その主な要因と考えられる、「ホルモン作用」「味覚を鈍化させる」「依存性がある」の3つについて、みていきましょう。

人工甘味料でもインスリンは分泌されます。余ったぶどう糖は脂肪細胞に送られ脂肪になります。太る原因です。

人工甘味料は血糖値を上げる?インスリンを分泌するのか?まとめ | TAKURO MORI official site

甘みは麻薬

人工甘味料は太りやすく、血糖値をあげる | 武蔵小杉 内科|武蔵小杉駅徒歩1分の内科なら小杉中央クリニックへ
「人工甘味料は太りやすく、血糖値をあげる」というテーマで、糖尿病専門医がブログを記載しています。

カロリーないから飲んでも大丈夫と思って清涼飲料水や人工甘味料の入ったものを毎日飲んでいるなんて人はいますぐにやめましょう。糖尿病などのリスクが相当高くなっています。

甘みについては、コカイン以上の依存性があり甘味依存症、砂糖依存症などといわれています。ほどほどにして、たまのご褒美にしましょう。
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1141444683862839401/page_3#auto

砂糖は実験動物の脳に対し多くの依存性薬物と同様の効果をおよぼし、砂糖依存症を起こす

過剰に摂取すると血糖値が急激に上昇します。興奮状態になることと同様なので、海外では睡眠の妨げになるので夕方5時以降には子供に砂糖を含むお菓子を与えないそうです。

「砂糖依存症に陥ると体内でAGEsという物質が増えるため、体内が老化しやすくなります」

AGEsが増えると、肌にはシワやシミが増えるだけではなく、骨や内臓も老化するため全身に大きなダメージを

スポンサーリンク