【チャート分析】ユーロドルの負けトレード反省

11月30日 欧州、ニューヨーク時間の 負けトレードについて反省します。

スポンサーリンク

ユーロドルの1時間足

screenshot_2016-12-01-02-10-46

画像はスマホの metatrader のスクショです。

エントリーは、真ん中のライン、ダブルボトムのネックラインにタッチしたところで売り入ってしまいました。このラインはトレード後に引きました。ネックラインに タッチしたのだから 普通押し目になるわけです。

一番の敗因として1時間足のダブルボトム、ネックラインに気付いてなかったことです。

screenshot_2016-12-01-02-28-40

画像は、4時間足です。売りではいるなら、 4時間足でも意識されている一番上のラインで入るべきです。 大勢のトレーダーがそれを知っているからその後の下落が大きいわけですね。

加えて、アメリカの指標や要人発言など 目白押しだったのでドル買いが進んだと思います。

指値注文を検討

正直なところ、 上のレジスタンスラインまで待てませんでした。エントリーは成行注文だけにしてます。ギャン理論でもそのほうがいいと言ってるので。指値注文を入れてほっとく。と言うのをやってみようと思います。

次の 戻り売り まで待とうと思います

ハイロットにした後の連敗

絶望しかないですね。今に2連敗中なので次エントリーするのが一番怖いです。

スポンサーリンク