自己効力感がすごい。ブログはセルフインプルーブメント

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

4日前からブログの多更新を始めてます。空いた小間切れ時間はすべてブログのことに使い、朝と夜もなるべく自由時間を多く取れるようにしてブログに費やしてます。

スポンサーリンク

自己効力感とは

セルフエフィカシーのことでエフィカシーを高めるなんて言い方をしたりします。エフィカシーで検索すると詳しく知ることができます。

自己効力感エフィカシーとは、結果を生み出す行動を理解してる。
つまりどうすれば目標達成できるのかが分かっている状態

もうひとつ、その必要な行動をうまくこなすことができるんだという確信や自信。
分かりやすくいうと、自分はやればできる子なんだみたいなそれでやる気が維持できる感じ
これを効力予期といい、前者を結果予期と定義されます。

カンタンにまとめると、自分は今まで結果を残せてきたし、今まで通りやってけば目標は達成できる自信がある
という状態がエフィカシーが高いということ。

ブログ更新はエフィカシーを高める

毎日着実にマイルストーンを記事を書き更新していくことでどんどんやる気が出て自分でコントロールしている感じが出てきます

その繰り返しで、どんどん自分を高めようっていう気になって、セルフインプルーブメント(自己修養、自己改善のこと)していくのかなーと思いました。

だから毎日必ず更新している人がいたり、ブロガーには、意識高い人が多かったりするんではないでしょうか

ブロガーに限らず、ユーチューバーもその成長を見るのがコンテンツになってますよね
だから、お金を稼ぐためや見せたいために動画や記事を更新するだけではなくて自分のためにやっているっていう部分が大きくなってくるではないかな

セルフインプルーブメントでハイになる

それがだんだん気持ちよくなってきて
メンタルの状態が高まる

→やりがいを感じる

みたいな流れ

Blog
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
wataをフォローする
TARRLOG