畜産と気候変動

この記事は約1分で読めます。

気候変動という言葉を最近よく耳にしますね。

ヤバいらしいんですよ。地球。

あと数年で取り返しのつかないことになるそうです。

ヴィーガンもこの気候変動を理由に賛同している人が増えているんです。ただ単に動物愛護のために動物由来の食物は食べないという人もいるようですけど、

何でヴィーガンと気候変動とが関係するのかというと、畜産つまり牛や豚を育てる過程で二酸化炭素やメタンをたくさん排出してしまうからなんです。
飼料となる草やとうもろこしを育てる土地も必要で、その土地を森林に変えたり、人間が食べる野菜を育てたほうが環境のためにいいんです。

でも、食肉や乳牛を育てることを生業としてる人達の仕事を奪うことはできませんよね。
だからもっと国や世界がみんなで話し合うべき問題なんです。
畜産業の人達のために仕事を作るとか、優遇してエコな仕事に移ってもらうとか。
他にも気候変動のためにできることはたくさんあると思います。

これ以上、暑くなったり寒くなったり異常気象に悩まされるのは嫌ですよね。気候変動は将来の子どもたちのために解決すべき問題なだけではなくて、今生きている私たちにも影響する身近な問題なんです。

もっと関心を持つ人が増えてくれたらなーと思います。

タイトルとURLをコピーしました