透明な氷をまとめて作るライフハック

熱い夏には氷で涼を感じたい!氷を愛してこそ日本人でしょ.透明な氷の作り方調べてまとめました.

お家で透明な氷を作って宅飲みカクテルなんておしゃれなことをしてみるのもいいですね.

白い氷っておいしくない

家の冷蔵庫で作る氷ってまずくない?あのしゃりっとした白い部分.

あれって水の中の不純物なんだそう,まずいですよね苦いようなやつ

スポンサーリンク

透明な氷を作るための条件

1.純水で作る

水道水なら一度沸騰させて冷ましてから凍らすとよいです.

またはミネラルウォーターのミネラル分の少ない軟水を使う

または水道水を浄水器を通してから使う

ちなみにミネラルウォーターや浄水器を通した水を冷蔵庫の製氷タンクに入れるとカビの原因になるのでやめましょう.塩素が抜けているためカビる

2.ゆっくり凍らす

−10度くらいでゆっくり凍らすのがおすすめ

しかし温度設定なんか面倒.

そんなときはクーラーボックス発砲スチロールで作るのがおすすめ

水が凍るときの特性として覚えておきたいこと

  • 水は外側,表面から凍る

湖も冬には表面が凍ってスケートができるように,水の中心からは凍らない

底に穴をあけたシリコン製の製氷皿を大きな水の器に浮かせて凍らすという方法もあるみたいです.穴を開けるというのがミソでしょうね.穴を通して不純物が抜けて純水だけが凍っていくっていう仕組みです.

  • 純水→不純物→気体の順で凍る

大きなクーラーボックスに水を入れて,半分凍ったら透明な部分を切り分けるという方法が一番ベストです.凍ってない水に不純物や気体が残ってくれます.

この透明な氷を作るライフハックを紹介している動画では,

クーラーボックスにばーーっと水入れて,半分凍ったらばーーっと出してノコギリでカチ割ればいいんだよー!ってなんともアメリカンというか大雑把ですが簡単に透明な氷を作っています.

しかし,こんな大きいクーラーボックス,冷蔵庫に入らないですよね.

大きいタッパーとか発砲スチロールを組み合わせて層を作って早く凍らないようにするしかないですよねー

いやーおうちで丸くて透明な氷は,夢ですよね

熱伝導のいい丸い型抜きみたいな丸い氷を作る金属の型を見たことあるんですけど,ググってもなかった.でも高そう

大きな氷をその型で挟むとニュルニュルーって融けてって丸い氷が残るっていう面白いツールなんです.

クリアなアイス・キューブ

夏休みの自由研究にもおすすめ!

スポンサーリンク