カフェインレス飲料が人気、カフェイン断ちするとメリットがいっぱい

スポンサーリンク

カフェインレス飲料で睡眠の質を上げる

カフェインレス飲料が人気 販売量、4年前の1.7倍に:朝日新聞デジタル
 コーヒーやお茶に含まれるカフェインを取り除いた飲み物を、大手メーカーが相次いで発売しています。眠れなくなるのが不安な人や、赤ちゃんの健康を気遣う妊婦さんらに人気です。 コンビニの飲料コーナーには、カ&

お茶や紅茶、コーヒーでは「デカフェ」といったカフェインレス飲料が今人気のようです。妊婦さんやカフェイン耐性の低い方など睡眠に気を使っている方などさまざまな需要が多いと言えます。

カフェインが疲労の原因に

カフェインは疲労の原因?
カフェインが疲労の原因となる5つの要素
  • セロトニンの減少
  • ビタミンDの減少
  • ストレスホルモンを増加させる
  • 睡眠への影響
  • 記憶力の低下

ストレスホルモンの増加

コーヒーを飲むとやる気が出るといった興奮作用あるアドレナリンが出ます。これと一対になっているのがコルチゾールというストレスホルモンです。アドレナリンを抑えようとコルチゾールが分泌すされます。シーソーのようにアドレナリンとコルチゾールはバランスをとっています。カフェインの摂り過ぎはアドレナリンの異常分泌につながり、コルチゾールを大量に分泌しなければならなくなり体にとってストレスの状態になります。

睡眠の質の低下

カフェインは眠気防止に効果がありますが、言い換えると疲労回復の主役である睡眠を妨げます。
通常の成人が体内でカフェインを半減するのにおおよそ6時間かかり、カフェインの効果が消滅するのに8~12時間、 完全に除去するのには数日を要します。

カフェインと睡眠に関する各種研究においても、睡眠6時間前にカフェインを摂取すると、 睡眠の質及び量の両方が減少する、と明らかにされています。

カフェイン断ちはツラいが、乗り越えれば生産性アップ

カフェインを断つと睡眠と覚醒に大きな効果があり。

目が覚めた後のスッキリ感がアップし、ベッドを出てすぐ活動できる感じ。目覚めのコーヒーも不要に。

日中の活力が一定して、以前より集中力の上下が消えた。

ベッドに入ってからの就寝スピードが尋常じゃない速度に。

1週間カフェイン断ちをしたら逆に元気が出てきた件
アラフォー男がアンチエイジングについて考えるブログです。
カフェインを断つと生産性が上がる
スポンサーリンク