死恐怖の発作で分かったこと.ただの不安症状で脳からのシグナルでしかない.

この記事は約2分で読めます。

死にたくない!って怖くなる,発作のようなものがたまに起こるんだけど,首をしめられて苦しくて居ても立っても居られない感じになる.

それがどういうときに起こるのか,なぜこういう発作が起こるのか分かった気がしたので書いてみる.

 

どういうときに起こる?

こんな感じかなー.低気圧のときとか運動量足りなくて頭から血が下がってるときとか?

あとは,呼吸が浅くなって酸素が足りてないとか.

発作の防ぎ方とか

死恐怖の発作ってホントに死が怖いって脳が発してるわけでないと思う.発作自体は数秒とか数十秒で過ぎるから大したことじゃないんだけど.ただ不安を感じてるだけ.死恐怖ってかたちの不安症状なんだろうね.

夜間低血糖や寝苦しいときの悪夢と同じような現象で,体が調子悪いみたいよーって伝えるシグナルみたいなもんなんだろう.

だから,対策は単純で疲れをためないように脳が快適でいられるようにたっぷり休む.

瞑想して深呼吸して体に酸素を流し込む.よく寝る.もやもや悩まない.いろいろ溜め込まない.

ストレスを発散する.

死ぬのが怖いなんてほんとおこがましいよね.もう30過ぎるし,すでに余生だとも言えるからボーナスステージだと思って気楽に生きたい.

1990/INFJ-HSP/FX/内向型
私のフィルターを通したものすべてを発信してます.
FIREしたい
働きたくない

 
ポッドキャストやってます▼
tarrlog Podcast

wataをフォローする
ブログ
wataをフォローする
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました