死を怖がるひとは,利己的なひとが多い

雑記・エッセイ
この記事は約2分で読めます。
【宮台真司】すべての生は死を前提に存在する

私今でも死を怖がってるけど,この言葉を聞いてぎくってなった.考え改めないとね.

すべての生は死を前提に存在する.

今生きていることが本当に奇跡ですよね.

共に生き喜びを分かち合えるってすばらしいこと.これまでの人間の歴史を作り上げてきた先人たちにも感謝の気持ちが湧いてきます.

なぜ終わりがあるのに今こうして人間や地球が存在してるのか.なぜなのか科学でも解明していない宇宙が生まれた,生命が誕生した意味.

すべてはビッグバンからはじまった.

そうビッグバンセオリーをまた見なくっちゃ.

すごいよね,こうして目に見えること,皮膚で感じられること.自分の体にも感謝したい.首コリ肩こり,猫背ひどいし,自律神経ぶっ壊れてるけど,大切にいたわってやりたい.

死があるから,出会い,子孫が生まれる

死を受け止めないとな.死があるから生がある,かわいい子供たちが生きていける.

人類は未来永劫続くわけじゃないけど,奇跡的に与えられた今の時間を大事に生きないと未来の人間にも過去の人間にも申し訳ない.

死を思うと,思い浮かべるのがバイク事故で亡くなってしまった同級生.おじいちゃんおばあちゃん.

残されたわたしは,「このひとの分も生きなければ」と思うけど,毎日家を出て帰ってきて寝ることで精一杯だな.これも自分なりに一生懸命生きてるんだろうか.

タイトルとURLをコピーしました