自律神経×ストレスを改善するには,食事が深く関連してる

この記事は約2分で読めます。

①朝に交感神経が優位になり、深夜に副交感神経優位になる。朝遅くに起きたりすると自律神経が乱れるので疲れているときこそ、朝は早く起こる。
②腸内環境を整えると、血流が良くなり自然と自律神経が安定し、セロトニンを多く分泌しうつ予防になる。さらに免疫細胞の70%が腸内にあるといわれ、腸を整えることで
病気に強くなる。
③自律神経を整えるご飯の食べ方は朝と夜にしっかりめで昼は軽めにと三食食べることである。
④海藻、キノコ、果物、野菜などの食物繊維を心がけて摂取する。
⑤動物性たんぱく質は自律神経の材料である。ただ、肉や魚は脂質が多いため、抗酸化成分を含む、野菜と一緒に摂ることで脂肪の酸化を防ぎ、血液にたまらなくなる。
⑥ご飯を食べすぎると、胃腸の消化に自律神経が集中し、副交感神経が急激に優位になり眠くなる。昼眠くならないために、食べる前に1,2杯の水を飲み、
腹6,8分目に抑える。
⑦ガムがかむと脳の血流が良くなり、脳にリラックス効果であるα線を分泌させ、集中力が高まるのである。
⑧コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を活性化させ、クロロゲン酸が抗酸化作用による血液循環をスムーズにさせる。
⑨溜息といった深い呼吸をすることで、血液の流れが良くなり、酸素が供給され、副交感神経の働きが高まり、自律神経を高める。
⑩どんな時も笑顔になることで、顔の筋肉の緊張がほぐれ、血液と神経の流れが改善し、自律神経が整い、リラックスさせるのである。

寒い日,寒いところにいると手足の末端が冷えてどうしょうもないんだけど,自律神経が弱いからなのかね.

自律神経がおかしくなってから,暑さも寒さにも弱くなった気がする.

もっとストレス耐性つけないとだめだね.

たんぱく質ももっと意識して摂らないとやばいかも.うつけしごはんでも,たんぱく質は体重×1g以上って言ってたもんな.

いやたんぱく質そんな取れてないわw要改善!

コメント

タイトルとURLをコピーしました