性的マイノリティの友人への「抵抗感」は40〜50代で大幅に減少

この記事は約1分で読めます。

「身近な人が同性愛者だった場合、どう思うか」を尋ねる質問では、2015年と比較し、「近所の人」「同僚」「きょうだい」「子ども」の関係別ではいずれも「いやだ」と答える割合が減少した。

一方で、「きょうだい」や「子ども」の場合は半数以上が「嫌だ」「どちらかといえば嫌だ」と回答した。

性的指向があまりいない数が少ないタイプってだけで,べつに女,男と同じでみんな同じ人間でしょ.

性的指向が人格まで決定づけるものじゃないし,どっちが好きか,うどんが好きかそばが好きかってくらいの違いじゃないの?

ストレートの人と恋愛関係になることだってあるだろうし,マイノリティだろうと恋愛市場は同じフィールドと言えるような気もするけど.

1990/INFJ-HSP/FX
FIREしたい
働きたくない

 
ポッドキャストやってます▼
tarrlog Podcast

wataをフォローする
ブログ
wataをフォローする
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました