アポなしの訪問が怖い.定住できる時代じゃない?

ブログ
この記事は約5分で読めます。

いきなり家にピンポーンと誰かに来られるのが怖い.さかのぼると小学生のころになる.家に親がいないことが多かったので私は鍵っ子だった.ランドセルにつねに家の鍵を大切に持ち歩き,うちに帰ると,自分で鍵をあけてひとりでか兄弟と親の帰りを待った.

昔はよく新聞の勧誘がいつでも来た.平日の夕方でも土日でも.これがホント嫌いだった.もちろん出ないが,そいつが玄関を去るまでびくびく静かにしたことがトラウマのような思い出になってる. 

通販の宅配も家に来られるのは,好きじゃないのでできる限りコンビニ受け取りにしてる.

コロナ禍で家にいる時間が多いのでこういう家にいるときのストレスが増えたんじゃないかと思って書き始めました.

訪問買取,押し買いに気をつけよう

できればインターホンがあったほうがいいよね.インターホンで顔をみて怪しい人だったら出ない.

訪問買取,押し買いとは,高く買い取りますよ~とか言って高価なものも安い値で買い取っていく詐欺のこと.高齢者を狙った詐欺

このアポなし訪問は,出てしまったらアウト.必ず居留守するべき.

話を聞きに応対してしまったら,ずけずけとプレッシャーをかけ,言葉巧みに安値で売らせようとしてくる.本当に厄介.その口車だけで,身体や家に危害を加えるわけではないからまだましだけども,これをやってる側の神経はどうなっちゃってるの.怖い怖い

ほんとにね,口がうまくて,お世辞やら人によく見られようとする操作が上手い人は嫌い.セールスとか接客らへん.こういうのテイカーといって,自分の利益だけを優先して人から奪おうとするタイプを言うんだよ.

ぺらぺら,ぺらぺら口からでまかせで思ってもないことを役者のセリフのように扱うよね.

今どき新聞の勧誘って?

未だに新聞の勧誘してくるんですね.

新聞取っている人いるの?テレビだって家に置かないって人が増えてるのに.

これも応対してしまうと,ねちねちと言ってくる.高齢者を狙って新聞取らせようと詐欺まがいにやってるんだろうな.

ネットで購読だっていまいくらでもあるだろ.

小さい新聞配達店が生き残りのために勧誘やってんのかな.

いまだに新聞配達してる人には申し訳ないけど,他のビジネスモデル探ってほしいな.

オートロックマンションがベストなのか

オートロックマンションなら,勧誘もこないし,防犯上のリスクも少ない.

でもここは安全だと過信してるのもまずくて,痛い目にあいそう.同じマンションにヤバい人がいることだってありえる.

自分の親の老後を考えると,こういうオートロックマンションのほうがいいのかなーと思ったんだけどどうなんだろうね.

ほんと老後の住まいって悩ましい問題.住み慣れた地域を離れるのもどうかと思うし,高齢になるほど引っ越しってリスクありそうでストレスもおおそう.

人の多い便のいい都市に住むべきなのか,便が悪くても長年住んでる地元に残るべきなのか.

よく話し合っておくべきかもな.

持ち家はリスクなのか.定住しない時代なのか

持ち家か賃貸か.人口減少で土地は余っていく.

どこでも災害が起こるリスクがある.ご近所トラブル・老害.

田舎では,「コンパクトシティ」というのが計画されて徐々に進められているらしい.

これは,これからの人口減少・高齢社会へのシフトに対応するための構想.生活圏をコンパクトにして買い物弱者をなくし,おじいちゃんおばあちゃんでも暮らしやすいまちづくりを目指すというもの.

「立地適正化計画」というのがあって,「居住誘導区域」が設定されてそこへ住むようにしてくださいということになっている.

私の住んでいるところも,近くに川もなく盛土といったリスクのない地域なので比較的安全で政策によって近所の人口密度はどんどん上がっている.どんどん新築の家が立っている.

子供の頃は,だだっ広い大根畑や栗の木がたくさん植えられていたりと通学路には土も多いところだったけど,今はすべて畑は住宅に変わっている.田舎なはずなのに年々人口密度が高くなるという矛盾がおきてる.

休日の近所のスーパーは,朝から大勢の人だかりで,レジは大行列,セルフレジを持ってしても大行列.いつも言うのだけど,ほんと「どこからこんなたくさんの人がワイてきたのか」と.年末年始なんて恐怖.

最近のスーパーはレベルが高くて,従業員ひとりひとりの教育も徹底していて,清潔でクリーンな匂いでカラフルで何でも揃う.感心する.

でも,私は昔のぼろっぼろの薄暗い程度の魚臭いスーパーが懐かしい.昔のままでよかった.
鼻水垂らした子供がお菓子コーナーで駄々をこね,寝転がってわんわん泣いて響き渡らせてる光景.それが当たり前で,スーパーの店内放送っていうのも静かだった記憶.今は,飽和の時代でなんでも買ってもらえて種類もたくさんあって,お菓子や玩具選びに命かけてる子供なんて見なくなった.

持ち家のリスクについてだけど,そういう今までと違った変化もありで,想像もできないリスクもあるかもね.リスクの問題は,外部環境次第ってところかな.コンパクトシティ化がうまくいったかとかご近所関係は大丈夫かとか.

一番のリスクは,一度立てたらそこに住み続けないといけないってことじゃない?

うまくやれば売るなり貸し出すこともできるだろうけど,それはそれで労力も必要になる.どちらかというと,マイナスになる可能性のほうが高い.コンパクト化といえど家が余る時代.

という流れで,”定住しないスタイル”に行き着いた.アドレスホッパーというらしい.

理想はホテル住まいか.内向的の私にシェアハウスは合わないだろうし.家が余る時代なんだからもっと気軽に寝床が得られるシステムができればいいのにな.

モーテルとシェアハウスの間みたいな.一ヶ月単位くらいで転々としたいかな.

やっぱり,ぽつんと一軒家がいい?

人口減少社会となっても,限界集落や過疎地域に住んではいけないってことはないだろう.

でも,夢物語なんじゃ?今のキャンプブームといい,田舎志向の人が増えてる.

ぽつんと一軒家なんて長寿番組が生まれるほどなんだから,それに憧れる全年齢層がいるはず.

自分でも何を求めてるのか分からなくなってきてる.天の邪鬼なところもあるし.

タイトルとURLをコピーしました