姿勢を直してから夜ふかしのダメージが少ないかも

この記事は約1分で読めます。

アラサーにもなると、夜ふかしはけっこう体に堪えると思う。私も「もう夜ふかしはしちゃだめだな」と睡眠時間が少なくなるたびに感じてた。でも昨日は違った。姿勢を直してからはじめて寝るのが遅くなってしまったのだけど、こうして朝にブログをかけてる。
確かに寝起きはつらかった。目がしょぼしょぼするし、目覚ましがなってから30分後に体をやっと起こせた。

姿勢を直してから、朝からご飯山盛り食べれる。体調が明らかに変わってる。
これだけ姿勢が睡眠の質に与える影響って大きいんだろうな。たぶん姿勢がよくなって、呼吸が深く楽になったことがいい睡眠につながってる。

姿勢に気づくまで、睡眠の質を上げれば解決できると思って、いろいろやってきたけど無駄だった。根本の解決にはなってなかったということだ。

ただまだ姿勢も完全な状態じゃない。痛い方の右肩が左と比べて下がってる。左が高いのか、右が低いのかもちょっとわからない。

この記事を書いた人
wata

1990/INFJ-HSP/FX/内向型
私のフィルターを通したものすべてを発信してます.
FIREしたい
働きたくない

 
ポッドキャストやってます▼
tarrlog Podcast

EthAddress
0x1f849c37dfdfc9ff31d3ceb06b780ad15427d0ba

\Don't Forget to Subscribe !/
ライフハック
\どんどんShareしてねー/
\Don't Forget to Subscribe !/
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました