ランボオ詩集/小林秀雄訳 を読んだ

この記事は約1分で読めます。

図書館からふらっと手にとって借りてみました。

感想

ランボーのこと、小林秀雄のこと一切知らずに読みました。

一言、わかりづらい。難しい感じやら古い言い回し。
しかし、素晴らしい訳、詩であることは間違いない。

もっとわかりやすい翻訳のものもあるみたいなのでぜひ読みたい。

ただ伝わったのは、青臭くて、乱暴で、尾崎豊みたいな世界。

中二病とは言わないだろうけど、近い感じでした。

フランスでは、教科書に載っててランボーは必修なんだそうです。
ランボーのお墓に今でもファンレターが届くそうで、世界中で人気なんだそう。

この記事を書いた人
wata

1990/INFJ-HSP/FX/内向型
私のフィルターを通したものすべてを発信してます.
FIREしたい
働きたくない

 
ポッドキャストやってます▼
tarrlog Podcast

EthAddress
0x1f849c37dfdfc9ff31d3ceb06b780ad15427d0ba

\Don't Forget to Subscribe !/
読んだ本
\どんどんShareしてねー/
\Don't Forget to Subscribe !/
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました