慢性的なストレスによりコルチゾールが増加し記憶力や思考力を低下させてしまう

この記事は約1分で読めます。
慢性的なストレスによるコルチゾールの増加が記憶力や思考力を低下させ脳の収縮まで引き起こす
ストレスが人体に与える影響はさまざまですが、ストレスを受けることでホルモンの一種であるコルチゾールが増加し、これにより記憶力や思考力が低下し、さらに脳の容積までも収縮してしまうことが明らかになっています。

ストレスが人体に与える影響はさまざまですが、ストレスを受けることでホルモンの一種であるコルチゾールが増加し、これにより記憶力や思考力が低下し、さらに脳の容積までも収縮してしまうことが明らかになっています。
 
 

ストレスホルモンのコルチゾールが脳に大きなダメージを与えてしまう.
 
これがずっと続くと認知症を引き起こす可能性もあります.
 
睡眠,運動,瞑想,リラクゼーションで積極的にストレスを解消していきましょう.
 

それでもEchouffo-Tcheugui博士は睡眠や運動、リラクゼーションなどによりストレスを軽減すること、あるいは血中のコルチゾール濃度を低下させる薬物を摂取することには利点があると述べ、「ストレスを軽減させることに悪い点は一つもありません」と語っています。

この記事を書いた人
wata

1990/INFJ-HSP/FX/内向型
私のフィルターを通したものすべてを発信してます.
FIREしたい
働きたくない

 
ポッドキャストやってます▼
tarrlog Podcast

EthAddress
0x1f849c37dfdfc9ff31d3ceb06b780ad15427d0ba

\Don't Forget to Subscribe !/
ウェルネス
\どんどんShareしてねー/
\Don't Forget to Subscribe !/
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました