HSPは常に睡眠不足.睡眠時間は9時間以上は必要です.8時間以下は最低レベルの生活もできないよ

この記事は約6分で読めます。

HSPである私が実感したロングスリーパーだと言うこと.私たちにはもっと睡眠時間が必要なんだと認めてあげよう.

HSPだと自覚するまでは,睡眠時間は6時間あれば十分だろうと思ってました.

それは全く間違いだった.ほんとにね,睡眠の重要性に気づいて欲しい.10年前の自分に言えるのなら言いたい.

まあ中にはHSPでも睡眠時間短くても平気だよーって人ももちろんいると思う.そういう人でも一度疑ってみて欲しい.「ちゃんと睡眠取れているのか?」

私の20代前半の頃は,自分の体調なんか無頓着で自分の欲望のままに夜ふかしを繰り返した.昼間眠すぎてうとうとしていても,それが当たり前でどこか自分の責任じゃないとも思ってた.自分も若くてバカで気づいてなかったけど,睡眠がちゃんと取れていればもっと常人ほどのパフォーマンスで過ごせたんだろうなあと後悔してる.

HSPはもっと寝ないとダメ

もう何度と睡眠不足に陷って不調や失敗を繰り返してきたけど,そろそろ学習して寝るしかないんだと寝ることを最優先にしてみることにした.睡眠時間をたっぷりとったところでどうなるんだ?って大して何も変わらないんだけど,最低限の日常生活を送るうえで必要になることなんだ.

もっと寝ないととにかく一日がダメになる.もっと睡眠時間を取ることにすれば,神経が擦り切れることも過敏になることも多少抑えられるかもよ.

 

HSPは自律神経のコントロールが苦手という情報を見つけた.

日中に受けたストレスで交感神経が高ぶり,夜になっても休みモードの副交感神経が優位にならずに就寝時間になる.

そしてなかなか寝付けずに睡眠の質が悪くなってしまうという流れ.それでなくても,過敏さで神経すり減らしてるのに休めなかったらどんどん悪循環になっていく..

良い睡眠を取るためには,この昼と夜との切替が必要なようです.

なぜHSPはロングスリーパーなの?

HSPは睡眠が浅くて,回復するには長い時間寝るしかないんだそう.質を高めるのも良い睡眠には必要だけど,まず長い時間寝ることが大前提でしょう.

私は毎晩,夜中に一回起きちゃう.トイレに行きたくなって起きるわけじゃないんだけど,嫌な夢の途中で起きるというのが多々ある.よく夢を見るというのも睡眠が浅い理由のひとつなんだろう.

脳の神経回路が複雑で,ぐちゃぐちゃに絡まった毛糸だまみたいな構造になってるらしい.処理に時間がかかって,回復にも時間がかかる.

HSPに必要な睡眠時間は?

9~10時間は必要.普通の人は7時間も取れれば睡眠不足を感じることなく過ごせるんだろうね.

ロングスリーパーなんだからそれ以上は必然的に必要ってこと.

現代人には無理な時間.何かを犠牲にするしかないね.仕事のせいで睡眠時間が取れないのなら,転職も考えてみよう.

それを犠牲と考えるか,ストレスなく生きていくために必要だと考えるのか.十分な時間寝れずに年々じわじわとストレスが体に影響して,体を壊すか,うつになるか.はたまた老後になってストレスが祟ってガンになったり,早死してしまったり.

いま生きている人たちの人生は長いのだよ.寿命は100年以上.あなたもそこまで生きたいのなら,今のうちからストレスを減らしてよく寝たほうがいい.

HSPが睡眠の質を改善する方法

睡眠改善の方法はググればいろいろ出てくるけど,大事なことは,寝る前の過ごし方.快適で静かにできてリラックスできる環境に身を置くこと.

  • 耳栓をする

外からの音,隣の部屋の物音,あまりきにしてない音でも耳栓で遮断することをおすすめする.

私の場合寝ている間に必ず取れてるけど,構わずつけ続けてみることにした.

  • 温度と湿度

あつすぎても寒すぎても睡眠に悪影響.空調は寝具に少し気を使おう.

  • ブルーライトカット

ないよりはまし.というあまり効果の感じられないブルーライトだけどやってみたほうがやらないよりいいのかもしれない程度.

でもブルーライトが悪者なのは事実なので防ごう.

こういうのも見つけた.たった3行毎日寝る前に手書きで書くだけ.やってみる価値あり.

夜の寝る時間を増やすことができないなら昼寝をするべき

5分でも10分でも昼寝のちからを侮っちゃいけない.

とにかく寝ている時間,量を増やすべきなんだ.昼寝も週末の寝溜めもしないよりしたほうが体のためになる.

「疲れすぎて,寝れない」

これは誰もが経験したことあると言っていいだろうね.疲れすぎてずっと興奮モードで切替できずに寝れないというパターン.

寝不足が抜けきれてない多くのロングスリーパーたちは,常に睡眠時間が足りてないんだってことを意識して過ごそう.

寝る前3時間の過ごし方が重要

HSPさんには,お仕事・学校終わりに”減圧時間”が必要ですよ.

ストレスモードからリラックスモード・お休みモードに切り替えに静かに過ごす時間が必要になります.この減圧時間を取り入れると,リラックスする準備が整い次の日に向けてしっかり体と神経を休めることができるようになります.

 

寝るぎりぎりまで,スマホやパソコンなんて問題外.こんなこと分かってはいるだろうけどなかなか実行できないですよね.スマホはiPhoneもAndroidもスクリーンタイムを制限できる機能が標準で入ってるのでそれを使うのもあり.寝る2時間前には,YouTubeを開けないように制限かけるとか.

食事も3時間前くらいには終わらせたほうがいいけど,それが無理なら消化の良いものや軽めで済ませると良い.

とにかくリラックスできる環境を作ること.瞑想したりストレッチしたり読書などなど

読書はおすすめよー今はyoutubeや映画,ドラマなどたくさんの刺激があるけど,自分の脳で能動的に物語や知識や思想を得るっていうのも夜には最適.最初は退屈かもしれないけど.

鼻が詰まって眠れない!鼻炎とのうまい付き合い方

私もずっと悩まされてる鼻詰まり.これ,単にアレルギーやハウスダストが原因で起こるだけでなく,ストレスでも鼻詰まりが起こる.自律神経のバランスが悪いと鼻の毛細血管が膨張して横になると起こる.とっても厄介.寝不足→自律神経失調→鼻詰まりが起こるのに,それでまた眠れないという負のスパイラル.もう一つ,首の後ろが凝っていても鼻詰まりは起こる.首のうしろのコリは,目の使いすぎやスマホ首などの姿勢の悪さからくる.

しっかりと寝るためには,この悪い流れを断ち切る必要がある.

鼻腔拡張テープと鼻うがいこれをやるべき.かなり効果はある.あと,あずきのチカラで目と鼻を温めても気持ちよく眠れる.

ふとんに入ってできる簡単リラックス方法,筋弛緩法

すぐに効果が出るので絶対取り入れるべき筋弛緩法です.入眠も早くなり,質,長さも改善するという魔法のような体操.

5秒力を入れ、20秒力を抜くことを繰り返す

手,足,顔と分けて力を入れます.このとき全力でやっちゃだめで7割程度の力の込め具合でやりましょう.5秒後の脱力をしっかりとだらーんとする.この脱力に重きをおく感じで意識して筋肉の力が抜けてる感覚を感じる.

とりあえず瞑想をやっとこう

ヨガ行者の睡眠習慣と脳のスピードをオハラ博士が研究した結果、毎日2時間の瞑想とわずか4時間の睡眠が、7時間の睡眠による精神的な修復効果に匹敵することがわかった。

瞑想があなたの睡眠不足を救う?

瞑想が睡眠に匹敵する効果があるという研究結果を発見しました.

眠れない,けど瞑想はできる.そんなときはとりあえず瞑想やっときましょう.

タイトルとURLをコピーしました