アメリカ人の年間セックス回数が減っているらしい

米国人の「セックス離れ」 年間53回以下に減少との調査結果
アメリカ人のセックスの回数が減少傾向にあるという研究結果が発表された。性に関する学術誌「Archives of Sexual Behavior」に3月7日に掲載された研究によると、アメリカ人のセックスの回数は1990年代に平均で年間60~6

「不幸せだからセックスの回数が減るのか、セックスの回数が少ないから不幸せなのか。どちらもあるでしょう。結婚生活の満足度にセックスの頻度が関係していることは分かっています。セックスをする人の数が減っているのなら、結婚生活に不満を持っている人が増えていると言えます」

スポンサーリンク

セックスと幸福度

仕事で疲労 ✕ セックスできない → 不幸 なら

仕事を減らしてセックスに力を入れるとか時間をさくとか ?

仕事は変えずに疲れないセックスをするとか?なんだ疲れないセックスって笑

セックスの頻度が満足度に影響することが分かっているわけなら頻度は保つか多くしないといけないのかな.セックスに代替するスキンシップとか?でも要するに一定の頻度間隔で抜かないと幸福じゃないって言いたいんでしょ.

ならセックスに重きをおいて,セックスでストレス解消とか疲労軽減を狙って次の日仕事効率化を狙えばいんじゃない?合わせて筋トレとかして体力もつけていく.

セックスという文字がゲシュタルト崩壊してきました.ブログでこんなにセックスセックス書いたのはじめてです.

というような感じのことをDTが考えてみました.以上

スポンサーリンク