新年のごあいさつ

Blog
この記事は約3分で読めます。

Photo by Jamie Street on Unsplash

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2016年6月10日の記事がブログの一番古い記事となってます。5月くらいに始めた記憶でしたが、いくつか消したのでしょうね。
ということで、このブログを始めてから3年と半年くらい経ったのですねー。

いつも読んでいただきありがとうございます。あなたが読んでいてくれるおかげでここまで続けることができました。
この感謝を伝えたいのですが、難しいでしょう。しかし、このブログを続けること、発信をやめないことが感謝のカタチとなればなあと思っております。

なぜこう思うかというと、気に入っていたブログやツイッター垢が忽然と消えてしまったり、更新が途絶えてしまうと
とても悲しく、喪失感を味わってきたからです。

あなたのお気に入りになれるように、面白いことを垂れ流していきたいなー!

 
私がSNSやネットとのつながりを意識し始めたきっかけは、東日本大震災のときからでした。
あのバカでかい地震が起きたそのとき私は、自宅にひとりでいました。びっくりして外に飛び出し、どきどき震えてました。
靴を履いて、家の軒先でスマホかPCからツイッターのタイムラインにかじりついて、情報を得たり、不安を和らげたり。
 
あのとき、リアルタイムにつながってる感覚にはほんとに助けをもらいました。
このときからネットとの付き合いが始まった気がします。ブログをはじめようと思った原体験というかきっかけはここにあると思いました。

 
それまでは、ネット好きのお遊びツールだったTwitterが、ライフラインとなっていきましたね。
それから、何度も天災、水害などなどいつもTwitterが重要なツールとなってきました。
テクノロジーがどういう使われ方をするかというのは、全く予想がつかないことです。
昔から発明とはそういうものとしてきたようですが、ほんとにわからないものです。ちっぽけなものが命を救う偉大な発明となったりと作ってみないとわからないこと、のちのち化けるものなど何でもアウトプットしてカタチにするべきですね。

 
ブログをはじめたおかげで、自分を見つめるきっかけになり、自分が内向型だと知ったりINFJという性格類型だと分かったり
人生に大きく影響を与えたことがたくさん起こりました。同じような境遇の読者の方とつながったり、共感してもらえたり
一助となることができ感謝されたりと、とても嬉しいことでした。今でもINFJの記事はこのブログで特によく読まれている記事となっています。
 
これからはこの自分の性質のいいところを伸ばしつつブログや他でアウトプットしていきたいと思っています。

どっかで誰かが言ってたのですが、詳しい出典が分かりませんでした。研究でも言えるようなんですが、凡打のようなしょぼい当たりを何万と重ねて一回くらいホームラン級の成果が実るそうなんです。氷山の一角のように水面下に土台となるクソみたいなアウトプットが積み重なっている構造。何があたるかわからない。できることはただ何でもやってみて続けること。

年はじめですし、みなさんもなにかはじめてみてはいかがでしょう?

Blog
TARRLOG
タイトルとURLをコピーしました